風俗嬢 病気

風俗嬢は病気(性病)になり易い?|知識があれば怖くない

定期的な性病検査で性感染症対策

 

未経験の女の子が一番心配していることが
”風俗で働くと性病になってしまうんじゃないかな?”
ということだと思います (≧д≦)

 

性感染症は感染者と性交渉(セックス)することで感染する病気なんです。
おもなものはエイズ、クラミジア、淋病、梅毒、トリコモナス、カンジダ、性器ヘルペス、
コンジローマ、ケジラミ、肝炎・・・と、とてもたくさんあります。

 

ただほとんどに治療法があって、完治または症状を抑えることができます。
エイズでさえ例えウイルスに感染したとしても
発症しないように抑えられるようになってきています。

 

詳しく説明すると実際には感染している部分や体液に粘膜が接触すると感染しちゃいます。
性器同士が触れたりする”素股”はヘルス系なら基本サービスに入っていますよね?
口でサービスするフェラやシックスナイン、お尻のサービスも感染する可能性が十分にあるんです!

 

これは女の子主導の業種だとか受け身の業種だとかは関係ありません。
こういう行為をしている自体、感染するかも知れないということです。
でもこれは風俗で働いていない一般の女の子にも言えることですよ。

 

風俗業界に話を戻すとお店側も女の子を守るために、お客さんにゴムの着用を義務付けたりします。
また1ヶ月に1回程度病院での性病検査を実施しているお店もあるんですよ!
早期発見・早期治療だと症状も軽くて治りやすくなるんです。

 

性病検査のないお店で働く場合は、自分自身が性病について正しい知識を持つことが重要です!
かゆみや痛み、おりものがいつもと違っていたらひとりで悩まないで
なるべく早く婦人科・性病科を受診するといいでしょう ε=ε=ε=

 

ただ性病のなかにはほとんど症状が出ないものもあるので
”注意する”というのもなかなか簡単なことではありません (≧д≦)
やはり定期的に検査を受けるのが自分を守る一番いい方法だと言えます。

 

病院や保健所で受診する以外にも、ネットで性病の検査キットが手に入ります。
しっかり検査できるものだと1万円から1万5千円くらいです。

 

 

放置したら大変なことになってしまう梅毒

 

心の病気にならないために

 

風俗の仕事は楽な仕事ではありません。
1日で5、6人のお客さんを相手にします。
週5日出れば30人以上です (´・ω・`)

 

精神的に負担を感じてしまう女の子も少なくありません。
「自分に向いてない」と感じたら辞めたほうがいいと思いますよ!
ただ、お金が必要でどうしても辞められないという女の子もたくさんいるんですよね。

 

それでもストレスを発散する方法を持っていれば気が紛れます。
ホストにはまる風俗嬢が多いのもストレス発散のためなのかも知れません。

 

うまく気分転換できないと自分の中にどんどん”溜め込んで”しまいます。
気分が落ち込んだり、お店に行きたくなくなったり、
暴飲暴食や反対に何も食べられなくなったり、うつに似た症状が出たり・・・。

 

お金が必要だとしても病気になってしまっては意味がありません。
やっていく自信がなかったら無理して続けてはいけません。
お店のスタッフさんや女の子に相談したり、ソフトな業種に変えるのことも考えてみてください。

 

 

 

心が折れないように目標を持って!

ハル姉おすすめ風俗グループ

お仕事の種類

グループ店

お店を探す

働ける年齢

問い合わせ

こんな私でも働けますか?

面接

体験入店・講習

お給料関連

接客

バレない工夫

病気

ルール

掲示板

辞めるとき

こんな女の子がいました

風俗で働くということ

風俗のトラブル

フーゾクビギナーズ運営者情報

ページTOP