セクキャバ 抜き

セクキャバは抜きがありません|会話が苦手でも大丈夫!!

キャバクラとどこが違うの?

 

『セクキャバ』は“セクシーキャバクラ”を略した呼び方です。
女の子は、お店のコンセプトによってナース、セーラー服、OLや下着、
ドレスなどの衣装を着て、お客さんにサービスします。

 

キャバクラと似てますが、決定的に違うとこは、
お客さんが女の子に“触れる”ことができるってとこです。
お触りOKなんです (*≧∇≦)p

 

女の子は座ってるお客さんの片方の膝の上とか、
向かい合った状態で、跨ってお客さんに乗っかります。
キャバクラみたいに会話もするけど、それはあんまり重要じゃありません。

 

 

サービスの流れ

 

お客さんは会話よりも女の子にキスしたり、胸を触って楽しみます。

 

女の子もだんだん服を脱いでいきます。
最後には女の子は上半身裸、もしくはそれに近い格好になります。

 

お客さんはキスをしたりタッチしたり舐めたりしますが、
基本的に女の子が嫌がらない範囲の行為なんで安心できるとも言えます。

 

下半身へのタッチも女の子が嫌がらなければOKになってるお店があります。
このあとピンクサロンなら、女の子がフェラして“抜き”ますが、
一般的なセクキャバで抜きはありません

 

抜きのあるセクキャバは、一般的なお店と区別されてて“抜きキャバ”って呼ばれます。
抜きキャバ以外のお店では、それ以上のサービスはありません!
それに“衣装や下着の上から!”、“ソフトタッチまでしかダメ!”ってお店もあります。

 

でも、お客さんが無理やり女の子の下半身を触ってても、
黙認するお店もあったりするんで、サービス内容は確認しておきましょう!

 

反対に指名が欲しくて、我慢して女の子が触らせてる場合もあります。
営業が風俗扱いじゃなくて、グレーな職種なんで、サービス内容はいろいろあります。
だから面接時にどこまでするのか、されるのかはしっかり確認したほうがいいです!

 

一定の時間だけ店内の照明が落ちてそのときだけサービスしたり、
お客さんが席に着いてる40〜50分間に女の子が3人くらい順番に入れ替わったり、
ひとりのお客さんに指名されてずーっとついたり・・・とお店やコースによって色々です。

 

一般的なセクキャバはヘルス系みたいに性器同士が触れることはありません。
ピンクサロンのようにフェラで抜くこともありません。
性病に感染する危険は風俗系の職種の中では一番低いと言えますね。

 

風俗嬢がなりやすい病気

 

 

会話がちょっとくらい苦手でも大丈夫です

 

時給は5,000円以上が相場です。
と、ここまで聞くとヘルス系やピンクサロンみたいに“抜き”がないなら、
“キャバクラで働いたらいいんじゃ・・・?”って思うかもしれません。

 

ただキャバクラは“トーク”が接客のメインです。
“トークだけ”って言ってもいいぐらいですね。
キャバ嬢はトークの技術を常に磨いてます。

 

セクキャバは、“お触り”がメインです。
その分、トークの割合は低くなります。
またキャバクラみたいに、女の子自身がお酒を飲むことはないです。

 

なんでセクキャバはトークやお酒が苦手な女の子にはとっても働きやすい職種ですね。

 

風俗のお仕事にどれくらい会話力が必要なの?

会話が苦手な女の子のためのマル秘テクニック

ハル姉おすすめ風俗グループ

お仕事の種類

グループ店

お店を探す

働ける年齢

問い合わせ

こんな私でも働けますか?

面接

体験入店・講習

お給料関連

接客

バレない工夫

病気

ルール

掲示板

辞めるとき

こんな女の子がいました

風俗で働くということ

風俗のトラブル

フーゾクビギナーズ運営者情報

ページTOP