風俗 講習

家出少女にセクハラ講習した男を逮捕

2013年7月のYahoo!ニュースの記事です。

 

7月2日、京都府警八幡署は16歳の少女に性的行為をしたとして、
児童福祉法違反の容疑で大阪府和泉市の風俗店経営の男を逮捕しました。
男は「16歳だとは知らずにいた」と容疑を否認しています。

 

少女は京都府内の自宅を家出していました。
4月下旬のことです。
その後少女は大阪府内に移動します。

 

所持金もなくなり、お金に困っていると
知り合いから容疑者を紹介されたと言うことです。

 

容疑者は少女に仕事を紹介すると言って信用させ、
”仕事のためのたいせつな講習”と称して性的行為に及びました。

 

大阪府堺市で容疑者が経営する風俗店の入ったビル内で、
18歳未満であることをわかっていながら犯行に及んだことが直接の容疑です。

 

少女はその後、親にメールを送ります。

 

”おかしな店で働かされそう。逃げ出したい!”

 

親はすぐに八幡署に連絡し、犯行が発覚、容疑者逮捕となりました。

 

 

家出少女が標的に

 

この記事内で出てくる少女の”知り合い”がどういった人物なのかはわかりませんが
少女が16歳で、容疑者が風俗店の経営者だとわかっていたはずです。

 

「家出して金がないなら風俗紹介してあげるよ!」とでも言ったのでしょうか?

 

あまりにも無責任な行為です。

 

少女も16歳の子どもで、分別がまだつかない年齢だとは言え、
あまりにも危険すぎる行動です。

 

この事件だけでなく、家出した少年少女がトラブルに遭遇することは
本当によく起こります。
悲しい結末がニュースで報じられることもあります。

 

家出少女を泊めるためのサイトもありますし、
掲示板にもそういった内容が多数書き込まれています。

 

ほとんどみだらな行為が目的です。
そんなところに助けを求めてはいけません。

 

 

セクハラ講習は悪質店の証明

 

容疑者は少女に、働くために必要な『講習』だと説明したようですが、
これは俗に言う”セクハラ講習”です。

 

店のスタッフが接客する前の女の子に”講習”や”練習”と言う名目で性的な行為に及びます。

 

風俗業界が初めての女の子はとくに何も知らないので、
”この世界はそういうものなのかな”と拒みきれずに、結局泣き寝入りしてしまいます。

 

”優良な”お店はそんな講習は絶対行ないません。
例え、”優良”でなくても普通のお店なら行なわないものです。
悪質な店でしかやっていないので、即刻辞めるべきです。

 

自分で自分の身を守らないといけないこともあるということを理解しておきましょう。

ハル姉おすすめ風俗グループ

お仕事の種類

グループ店

お店を探す

働ける年齢

問い合わせ

こんな私でも働けますか?

面接

体験入店・講習

お給料関連

接客

バレない工夫

病気

ルール

掲示板

辞めるとき

こんな女の子がいました

風俗で働くということ

風俗のトラブル

フーゾクビギナーズ運営者情報

ページTOP